• 会社概要
  • 事業内容
  • 民間航空機の部品制作・組立
  • 計測機器の校正サービス

事業内容

民間航空機の部品製作・組立

製造請負・派遣

民間航空機の部品製作・組立

当社が製造を担当する機体構造は、板金薄板構造~厚板構造、複合材構造まで幅広い材質の部材で構成されており、また、主翼、胴体、尾翼、動翼等様々な構造様式の組立を経験した作業者は、高度な技能レベルを有しています。
また、ISO9001/JIS Q 9100はもとより、株式会社SUBARU 航空宇宙カンパニーが国土交通省航空局や米国連邦航空局、ボーイング社、エアバス社等から受けるアセスメントの一環で当社も確認を受けており、確立した品質システムに基づく、高品質な製品づくりを行っております。
さらに、エクリプス500の50機/月をはじめ、737の42機/月などの高レートな生産も十分に経験、対応しており、高い次元でQCDを確保し、お客様のご期待にお応えできると確信しております。
なお、航空機組立のスキルを活かした製造派遣にも対応しています。

> 詳しく見る

計測機器の校正サービス

機器校正

計測機器の校正サービス

航空宇宙製品の製造・検査に使用する各種計測器類の校正
及び熱処理炉、乾燥炉等の検定サービス

当社の機器校正サービスは、株式会社SUBARU航空宇宙カンパニーの品質保証部門を起源としており、高い信頼性を要求される航空宇宙製品の品質保証の根幹を担ってきました。ISO9001/JISQ 9100に適合した品質マネジメントシステムを確立していることはもとより、株式会社SUBARUに対する防衛省や国土交通省航空局、米国連邦航空局、ボーイング社やエアバス社の監査、アセスメントの一環で、当社の機器校正サービスの適切性や記録の完全性等についても確認をいただいております。安心して当社の校正サービスの利用をご検討ください。

> 詳しく見る

生産設備の点検・修理・改造

設備保全

株式会社SUBARU 航空宇宙カンパニーが航空機部品の加工、成形、処理、塗装、組立、整備等に使用する生産設備の定期点検、故障修理や一部改造工事など、設備の保守サービス。

【対象設備】
航空宇宙カンパニーが宇都宮地区で所有する生産設備
【主要設備】
・高速5軸プロファイラー、マシニングセンター、スキンミラー
・各種プレス機、シートストレッチャー、型材ストレッチャー
・軽合金急速焼入炉、鋼焼入炉、時効炉
・オートクレーブ、NCコアフライス、ロボット、テストスタンド
・自動打鋲機、ストリンガー成形機

航空機リース・運行支援

航空機管理

エフ・エー・エスが所有する航空機の定期整備、耐空証明の維持、機体リース及び航空宇宙カンパニーが新規製造または定期整備した航空機の社内飛行試験時の航空無線業務。

【所有機体】
・富士ベル式205B ヘリコプター
・富士FA-200 エアロスバル