• 会社概要
  • 事業内容
  • 民間航空機の部品制作・組立
  • 計測機器の校正サービス

事業内容

計測機器の校正サービス

機器校正
  • 校正サービスご利用の流れ
  • 校正サービスご利用の流れ
  • 対象計測器類
  • サービス内容

■計測環境・設備のご案内

トレーサビリティ体系に基づき、国家標準である特定標準器にトレーサブルな校正用標準器、副標準器を使用して校正を行います。

  • 各種の副標準計測器類

    • 電気関係の副標準器

      電気関係の副標準器

      直流・交流電源、デジマル、電圧計、電流計、オシロ、ペンレコ等の校正

    • 自動トルクレンチテスター

      自動トルクレンチテスター

      トルクレンチの校正

    • デジタル圧力計

      デジタル圧力計

      液体、気体の圧力計、高度計等を校正

    • 万能測定顕微鏡

      万能測定顕微鏡

      標準尺内蔵 万能測定顕微鏡

    • 電子測微器

      電子測微器

      ブロックゲージの校正

    • 電気関係の副標準器

      上皿天秤

      分銅等質量の校正用

    計測室の温湿度管理

    • 計測室の温湿度管理

      温湿度が管理された計測室で計測器の精度を維持

    • 計測室の温湿度管理

      高精度の計測を行う精密計測室は厳格に温湿度管理

    標準器

    • 基準分銅

      基準分銅

      国家標準につながる標準器

    • 標準抵抗器

      標準抵抗器

      国家標準につながる標準器

    校正記録類

    • 校正記録類

      校正記録類

      次回校正完了または7年間のいずれか早い時点まで保管

    • 校正完了品保管棚

      校正完了品保管棚

      直接引取されるお客様向けの機器保管棚

トップへ戻る

■校正サービスご利用の流れ

  1. 手順1

    校正依頼書に校正内容のご指示など必要事項をご記入いただき、弊社窓口へご送付ください。
    ※校正依頼品は窓口へ持ち込み または、宅配送付ください。

  2. 手順2

    お客様のご指示ならびに当社の検査手順に基づき校正(外観検査、機能検査、精度検査、必要に応じて調整と簡易清掃)を行ないます。お客様のご指定、または公知規格、製造元の規格仕様により検査判定いたします。

  3. 手順3

    原則として、受付の翌日を起算日として7日以内に校正作業を完了します。
    校正させていただいた計測器に関しては、当社で固有の管理番号を付与するとともに、次回校正推奨日の前月に定期校正のご案内をEメール、郵送またはFAX等にてお知らせします。

トップへ戻る

■対象計測器類

長さ ノギス、マイクロ、ブロック等各種ゲージ、キャリパ
質量 上皿秤、電子天秤、直視天秤等各種秤、基準分銅
力/圧力 トルクレンチ、圧力計、ロードセル、テンション
温度 自記温湿度計、多点温度計、表面温度計
電気 電圧計、電流計、デジマル、抵抗器、ペンレコ
炉検定 炉内温度均一性、計器精度、熱電対校正
その他 光学、電導度、粘度、粗さ、振動、角度等

トップへ戻る

■サービス内容

納期 受付翌日から7日以内を原則、即日サービスも対応
校正機器の受渡し 直接持ち込み 又は 宅配便
その他 管理番号付与し、校正ラベル表示致します。
有効期限設定により次回校正のお知らせを致します。
成績書、校正証明書、トレーサビリティー体系図はご希望により発行

主要取引先

SUBARU自動車部門、SUBARU航空宇宙カンパニー、株式会社SUBARU取引先企業(20社以上)